花言葉集

チューリップの持つ花言葉/その光は手の届かない憧れかも

 

 

スペック
科:ユリ科
属名:チューリップ属
学名:Tulipa spp.
和名:チューリップ
別名:鬱金香(ウッコンコウ)
英名:Tulip
原産地:中央アジア、北アフリカ
旬の季節:春
花持ち期間:5日程度

 

 

チューリップ全般の花言葉

 

理想の恋人
名声

 

チューリップはその様々な色があるように、花言葉もその色ごとに意味合いが異なります。
お悔みごとでよく使われるのは白いチューリップなので、葬の助のこのページでは白のチューリップからご紹介。

 

 

白いチューリップ

 

 

許しを請う
失われた愛
純粋

 

 

赤いチューリップ

 

愛の告白
真実の愛
永遠の愛
ロマンチックな愛
私を信じて
愛の告白

 

 

ピンクのチューリップ

 

優しさ、思いやり
愛着、愛情
幸福
愛の芽生え
誠実な愛

 

 

黄色いチューリップ

 

望みのない恋
報われぬ恋
明るさ
日光

 

 

紫のチューリップ

 

王者の風、気高さ
不滅の愛

 

 

語源と由来

属名の学名「Tulipa(チューリッパ)」とは、ペルシャ古語で頭巾を意味する「tulipan(ツルバン)」が語源とされています。

 

その頭に巻くターバン姿とチューリップの花姿が似ていることに由来するともいわれます。

 

16世紀にチューリップはトルコからヨーロッパに持ち込まれ、多くの栽培品種が生み出されました。
オランダでは17世紀に熱狂的なチューリップブームが起きたそうです。

 

その後日本には19世紀後半に渡来し、当時の日本では鬱金香(ウッコンコウ)の名前で呼ばれていたといいます。

 

 

チューリップ誕生花

誰もが知っているとても身近な花、チューリップはその色事に花言葉も誕生花も異なります。

 

《白いチューリップ》
1月1日、1月7日、3月8日、3月22日、4月8日

 

《赤いチューリップ》
1月31日、3月6日)

 

《黄色のチューリップ》
3月13日、3月20日、5月17日

 

《まだら柄のチューリップ》
3月14日

 

《斑入リのチューリップ》
4月16日

 

 

 

オランダのチューリップ物語

 

その昔、ある村にとても美しい少女がいました。
その村には三人の騎士たちがいたのですが、彼らはその少女を好きになりプロポーズをしました。
それぞれの騎士たちは、家宝である王冠、剣、黄金を少女に贈りました。
贈り物を受け取った少女は、その後三人のうち誰と結婚するのか悩みます。
結果的に誰か一人だけを選ぶことができなかった少女は、花の女神フローラに自分を花に変えてくれるように頼んだのです。

 

花の女神フローラはこの願いを聞き入れ、少女をチューリップの姿に変えました。
そのためチューリップの姿は、花が王冠を、葉が剣を、そして球根が黄金を表わしているのです。

 

 

チューリップを国花とする国

トルコ、オランダ、アフガニスタン

 

(赤いチューリップ)
イラン、カザフスタン

 

 

 

▼▼▼あなたはライフプランを描けていますか?今の保険は本当にあなたに合っているのでしょうか?保険は数年に一度は見直しが必要と言われています。生涯をあなたらしく生きていくために、将来の不安を解消して、明確で安心な生き方をサポートしてくれる保険を見つけましょう。


その他の関連する記事はコチラ

 

 

■花言葉集に関しての内容説明

 

■はじめまして、葬の助です。