葬儀関連のこと

知っておくと役に立つ『キリスト教葬』のお参りの方法/カトリックとプロテスタントの違い

 

 

これまで葬の助では、さまざまな形式のお葬式をとりあげてきました。

 

■お葬式の形式の違いまとめ(一般葬・直葬・密葬・家族葬・自宅葬・社葬・合同葬・お別れ会・生前葬・自由葬・無宗教葬)

 

せっかくですので今回は、日本で多く行われている『キリスト教式』のお葬式に注目してみました。

 

 

通夜の祈り・前夜式とは

キリスト教においては、通夜という概念はそもそもない。現在の日本で行われているキリスト教式の『通夜』は日本独自のものなのだ。

 

また、この通夜とされているものや葬式は、宗派や教会によってその流れは異なるようです。

 

【通夜】
カトリック→「通夜の祈り」

 

プロレスタント→「前夜式」

 

このように呼ばれています。
会場は一般的に教会や自宅、斎場で行われます。

 

 

式においては、聖歌または讃美歌(プロテスタントの場合)の斉唱

 

神父または牧師によって聖書の朗読や説教、祈祷などをします。

 

仏式の焼香にあたるものとしては、参列者も参加しての献花が行われます。

 

式終了後は、故人を偲び簡単に会食や茶話会をするのが一般的でしょう。大きな違いとして、この『通夜の祈り』では仏式の通夜ぶるまいとは異なり、お酒は出しません。

 

【葬儀ミサ】
葬儀はおもに教会で執り行われますが、自宅や斎場を利用する場合もあります。

 

 

カトリック葬式の祈り

故人の罪を神に詫びて許しを請い、永遠の命を得られるようにとの想いで祈りを捧げます。

 

●言葉の典礼
聖書朗読や神父の説教を行う。

 

●感謝の典礼
パンやブドウ酒を祭壇に奉納する。

 

これらからなるミサが中心となって式は進められます。

 

 

プロテスタント葬式の祈り

葬儀自体は神に感謝し、遺族を慰める為に執り行われます。
ここで重要なのが、故人ではなく神に捧げる祈りが中心となるところ。

 

●聖書の朗読
●讃美歌斉唱
●牧師の説教

 

などが中心にミサで行われます。

 

どちらも、告別式では献花といい、花を捧げる儀式を行います。

 

 

献花とは?その順番や作法

通夜、葬儀、告別式では、祭壇に白い菊やカーネーションを捧げる献花の儀式。

 

《順番》
献花は、喪主→遺族→親族→参列者の順に行われます。

 

《作法》
自分の番がきたら祭壇前へ進み、係の人から、花が右手にくるようにして両手で受け取る。

 

次に、遺影に向かって一礼し、祭壇に根元がくるように花を右回り(時計回り)にまわす。

 

左手の甲を下に向け、右手を茎の下から添えるようにして献花台に置き、献花が終われば遺族、神父や牧師に一礼してから席に戻ります。

 

しっかりとこのような作法があることを知っていれば葬儀に参列する際も不安が減るでしょう。

 

 

キリスト教特有のマナー

●聖歌・讃美歌斉唱に参加する。
キリスト教の葬儀では、聖歌や讃美歌を歌ったり、聖書の一部を唱えたりすることがあります。

 

もちろん信者でなければ、聞いているだけでも構わないのですが、ほとんどの場合葬儀が始まる前に歌や祈りの一節などを印刷された紙が配られるので、できればそれを見ながら周囲に合わせ声を出したいものです。

 

 

お悔やみは言わない

キリスト教では、死は永遠の命の始まりであり、決して不幸な出来事ではないという考えなのです。
なので、お悔やみは述べません。

 

《遺族へのあいさつ例》

 

例1.「お知らせいただき、ありがとうございます」

 

例2.「安らかな眠りをお祈りいたします」

 

 

カトリックとプロテスタント用語の異なる点

以上を踏まえてわかってきたこと。カトリックとプロテスタントでは、教義の違いから、通夜や葬儀の内容、流れが異なりましたね。

 

《聖職者》
カトリックでは「神父」
プロテスタントでは「牧師」
と呼びます。

 

《礼拝で歌う歌》
カトリックでは「聖歌」
プロテスタントでは「讃美歌」
と言います。

 

 

香典ではなく「弔意金」

キリスト教ではお香を供えるという文化がなく、香典という考え方がない。そのため、御香典という言葉ではなく、弔慰金(ちょういきん)という名称で呼ばれる。

 

のし袋には「御霊前」「御花料」と表書きに書きます。「御霊前」は仏式でも神式でもキリスト教式でも使えるので、一番無難ではないでしょうか。

 

《御霊前と書く場合》
黒白あるいは銀一色の水引の物を使う。蓮模様の型押しや印刷のものは避ける。

 

《御花料と書く場合》
十字のついたキリスト教向けの香典袋があるのでそれを利用するとよいでしょう。

 

御花料ならばカトリック、プロテスタント共に使用可能。

 

注意点としては「御仏前」の表書きは使わないようにすること。

 

ちなみに、カトリックだと「御ミサ料」とし、白無地の封筒に入れることもある。

 

ちなみに包む金額は仏式や神式と相場は同じ。

 

 


その他の関連する記事はコチラ

 

理想的な葬儀社の選び方・葬儀後のギモンや後悔を残さない

 

木の根元に埋める樹木葬は残された人が安心して行える、とっても優しい埋葬方法

 

■日本における遺灰(ご遺骨)の散骨可能場所の定義と散骨場所まとめ一覧

 

■新しいお葬式の形式/自由葬の様々な形[無宗教葬と宗教葬][音楽葬・生前葬・お別れの会]

 

■葬儀(お葬式)・埋葬の方法~事前相談・生前予約・エンディングノートのススメ

 

遺影写真の選び方・終活中ならまずはこれ!人生の集大成の顔写真を撮る・選ぶ

 

■なぜ人はお葬式を行うのか。お葬式って必要?お葬式の目的とは?

 

▼▼▼さて……社会人になったら一着は持っていたい大人の礼服は定番の黒無地で作ろう!オーダースーツを自宅で注文できるこちらのサイトがおススメ!
日本人運営の品質、高級生地を使用。自己オート採寸など豊富な採寸方法であなたにぴったりの一着を。もちろんレディースにも対応されておりますよ。